Artist & Gallery

Started to run.

様々な技法を使用している。パソコンで現れているイメージをもとに絵画的な平面作品に移す作業をしており、全ての事物とのイメージを直接撮影してデジタル的かつ現代的な色感を使用して表現し、絵を解いていく。 

作品は都市イメージとしてシルクスクリーン、コラージュで始まり、都市を眺めるのは、社会を見つめることであり、その場所に本人の夢がそこにいるだろうを考えで始まった。その夢というところに、現実とは違っており、そこには激しい競争と各自の夢を向けた目標意識が見えた。 

都市の中に行われている社会の中に急速に変わっていく私たちの姿がお互いに競争と各自の夢を向かった挑戦者として都市の中のイメージを使い、本人が経験している現実と夢を訪れて、未来に向けた挑戦の中に変化と多様な技法で表現した。 

遠くから眺めた都市は自由の中に平等と法規、節制、規則など多様な社会的性質を持っている。都市は規制という垣根の中から目的地に向かって走る多くの自動車たちがおり、本人の夢と希望のために体系的かつ計画的であり、反復的な行動で都市的なイメージを外形的、 内形的に表出する。表出された自動車イメージは複雑な都市のイメージを画一化された姿で表すことができる。

自動車らがお互いを競争するように、人生の中に目標意識を持って挑戦し、その過程で楽しさを得て、人間、ひいては社会の内面的苦悩を探求し、倫理的考察する過程が含まれる。この過程はわからない未来に対する不安、期待、興奮をもたらし、目的地到達ほど発生する葛藤、冒険、挑戦を通じてシャングリラ(Shangri-La)に到達することができる。

作品の中には、トンネル、自動車、乗り物、クレーンが登場する。その器具たちをつなぐ時点のパターンと画面上の遠近時点の構図を利用して解釈できる。華麗で個性溢れる自動車らは多様な色を持っている競争者たちの中に属した自分を発見することができる。激しい競争の中で各自の目標に向かって走って、他の空間に移していくために終りが見えないトンネルを通り、続いた他の世界の空間に到達する。画面の中には熾烈さと速さで通り過ぎたスピード感を表現されるため、ある時点に向かったパターンにつながる。まるでその中に吸い込まれているような遠近感を表現するため、変形キャンパスを応用して表現した。画面の中にアトラクションやクレインがたまに登場しており、絵の中の話を補充するために使用した付随的なテーマである。3人称視点と付随的なテーマなどが高いところから自分自身を見下ろし見る余裕のあることと観戦の楽しみを提供する。ただこれだけ眺めて走って行く自分自身を第3者の立場で眺めながら、客観性と一貫性を持って自分を眺められることを意味する。

©2010 - 2020 MINSEOK ATELIER & GALLERY